佐賀市の社会保険労務士│きさだ社会保険労務士事務所

きさだ社会保険労務士ロゴ
TELボタン

社会保険・労働保険顧問

社会保険・労働保険顧問は総務・人事部のアウトソーシング

総務・人事職は、労務管理、労働社会保険諸法令に関する知識、会計・税務に関する知識を必要とされ、専門性が強く、習得するのに時間がかかる業務です。

その性質から、専門性の強い業務を中小企業においては1人の社員に任せているというケースが多く、その業務を担っている社員の突然の退職は社内のルーティン業務の混乱を招く恐れがあります。

あるいは、経営者または経営者の奥様が自ら手続を行っているケースもよくあります。

しかし、経営者あるいはその社員の経験や知識不足により、年金事務所や労働局の調査で不備を指摘され多額の保険料の支払いを命令されたり、育児休業関係の給付金を社員がもらい損ねるようなことも起きています。

特に、女性社員の妊娠から出産を経て育児休業復帰までの手続は、複数の社会保険制度が入り組んでいることから、手続漏れの心配があります。

安定的に会社経営を行い、社員に安心して働いてもらうためにも、総務・人事機能のアウトソーシングをお勧めいたします。

アウトソーシングのメリット

1. 担当者にかける人件費の削減に繋がり、手続の処理スピードも速くなります。

2. 総務・人事業務に縛られず、本業に専念することが出来ます。

3. 担当社員の突然の退職を心配する必要がなくなります。

4. 正確な業務処理を行いますので、社員からの信頼を損なう心配がなくなります。

社会保険・労働保険顧問サービスの概要

①社員の入社・退社時の手続き

②社会保険料を算定する手続き

③健康保険の給付手続き(出産手当一時金申請など)

④労働災害保険の給付申請手続き

⑤労働保険料申告手続き

社会保険関係手続き

・社員が入社したとき

・社員が退社したとき

・社員が結婚した、子供が生まれた、子供が就職をしたとき

・社員の給与額が変動したとき

・社員が業務外の理由で病気、ケガ、死亡したとき

・社員が出産したとき

・社員が育児休業をしたとき
・賞与の支払いがあったとき

・社会保険の算定基礎届業務

上記の場合、以下の書類の作成と提出が必要です。
(資格取得・喪失届・被扶養者異動届、月額変更届、傷病手当金支給申請書、産前産後・育児休業取得者申出書、出産手当金支給申請書、賞与支払届、算定基礎届など)

労働保険関係手続き

・社員が入社したとき

・社員が退社したとき

・社員が業務中(または通勤途中)にケガをしたとき

・社員が出産後、育児休業を取得したとき

・労働保険の年度更新業務

上記の場合、以下の書類の作成と提出が必要です。
(資格取得・喪失届、離職証明書、労災給付関係請求、育児休業給付金申請、労働保険料申告書など)