佐賀市の社会保険労務士│きさだ社会保険労務士事務所

きさだ社会保険労務士ロゴ
TELボタン

きさだ社会保険労務士事務所の強み

①きさだ社会保険労務士事務所は労働トラブル対応に万全を期すため、弁護士法人と顧問契約を結んでいる、佐賀県では先進的な社労士事務所です。

②きさだ社会保険労務士事務所は、圧倒的なクイックレスポンスを意識して業務を行っています。

③社内勉強会・社内セミナーの実施件数、社員満足度 佐賀県№1!
きさだ社会保険労務士事務所は経営者の重要なお困りごとにフォーカスしたコンサルティングを提供しています。

①労働トラブル対応に万全を期すため、弁護士法人と顧問契約を結んでいる

一般的に社会保険労務士は労働法のプロと思われがちです。

労働法は確かに詳しいのですが、労働トラブル対応のプロではありません。

もちろん労働トラブルが起こらないようにするため就業規則の整備をしたり、労働トラブルが起こった時の初動に対してアドバイスをするなど予防に力を入れています。

しかし、どんなに予防に力をいれても労働トラブルが深刻化し訴訟や労働審判まで話が広がる場合があり、そこは既に社労士のフィールドではなく、争いごとを解決するプロである弁護士のフィールドになります。

そうすると、いっそのこと最初から社労士ではなく弁護士に相談するべきという結論になるのですが、中小企業において弁護士と顧問契約をすることは料金的にもハードルが高いのが現実だと思いますし、身近にいて労働法に詳しい社労士に相談するのは致し方無いことだと思います。それらの事情を踏まえ、きさだ社会保険労務士事務所は、労働トラブルの初動のアドバイスをできるだけ適切に行い、後々争いに発展してもスムーズな解決が図れるようにするため弁護士法人菰田泰隆総合法律事務所と顧問契約を結び、トラブルの事案によっては弁護士と打ち合わせを行い、それをもとに顧問先様にアドバイスを行うようにしております。

当事務所は良い会社作りのお手伝いをすることがメインですが、万が一労働トラブルが起こってしまった場合でも争いごとにおいて経験豊富な弁護士の頭脳を借りた個別案件ごとのきめ細かいアドバイスを行っておりますので、労働トラブル発生時にもしっかりとした対応をして欲しいという経営者様も安心できるサポート体制となっております。

なお、弁護士への相談料は当事務所が弁護士法人に毎月顧問料として支払っており、個別に訴訟や代理を委託する場合を除いてお客様にご負担いただくことはございませんのでご安心ください。

弁護士法人菰田総合法律事務所ウェブサイト

②圧倒的なクイックレスポンスを意識して業務を行っています。

佐賀県では1人社労士事務所がほとんどである中、当事務所においては経験豊富な事務スタッフと所長である木貞の2名体制で業務を行っておりますので、相談事に対してのレスポンスは非常に早いです。

手続代行については電子申請を導入して処理を行っておりますので、スピード感を持って対応できている状況です。

社員や取引先、友人との関係性においても共通することですが、スピードに対する肌感覚や価値観が相違している相手とのやり取りは相当のストレスになります。その点につきましては、当事務所においては他の社労士事務所から乗換えられたお客様にも満足いただいておりますのでご安心ください。

③社内勉強会・社内セミナーの実施件数、社員満足度 佐賀県№1!

当事務所は、給与計算や事務手続き代行、就業規則作成等の前時代的な社労士業の枠組みに固執せず、経営者にとって重要で普遍的なお困りごとにフォーカスし、その解消をサポートすることに真剣にこだわっています。

以下のようなお困りごとはございませんか?

  • 経営会議で社員から意見が全く出ない、ヤル気を感じられない。もしくは、意見が衝突することがよくあり、結局何も決まらない。
  • 求人において、全く反応がない… 応募者数を増やしたいし、もっと言うならば自社に合う良い応募者を採用し、後々トラブルを起こすよう応募者を見抜けるようにしたい。
  • トラブルを起こしそうな、あるいはトラブルを起こしている社員に対応してくれる頼もしい第3者がいないだろうか…
  • 経営者である自分が社員に色々と口酸っぱく言っても、なかなか社員に理解してもらえないどころか、「また言っている」という目で見られる。誰か社員に気付きや仕事を頑張るきっかけを与えてくれないだろうか…
  • 社員に採算意識を持ってもらいたいが、いつもノホホンとしている… 毎月給料を払う経営者の気苦労と併せて、売上や利益がなぜ大事なのか?給料がどこから払われているか?を嫌みなく伝えてくれる第3者がいないだろうか…
  • 本心で「お前たちが頑張ったら必ず報いてやるから!」という気持ちを社員に伝えているが、社員は口には出さないものの「頑張ってもどうせ何も変わんないんでしょ?」と思っているのでは…「うちの会社を選んで働いてくれている社員に本当に感謝してるし、給料で報いてやりたいというのには嘘はない」という考えを、精神論に嫌気がさしている社員達に理解させたい…
  • 毎年なんとなく売上目標を立てているが、困難があるとすぐに社員達が目標達成をあきらめてしまうし、尻を叩き続けても社員が疲弊してしまう… 達成しなければならない根拠のある売上目標を立てたいし、その根拠を社員にも伝えたい。
  • ドンブリ経営ゆえに会社のお金の流れが漠然としていて不安なのに、顧問税理士に相談しても興味を示さないし、教えてくれたとしても言っている意味がサッパリ分からない…
  • 会社のお金のことについて税理士に相談しても怒られるので怖いし、何をするにしても許可をもらう必要があり「どっちが報酬を払っているんだ」と言いたくなる。自分で主導権を持って経営できるようになりたい。
  • 自分の本当の想いを言葉にした経営理念を作りたいし、それを社員に浸透させて自立的に行動する社員になってもらいたいが、1人でできるか心配だし、そもそも「理念」という言葉を出すと社員から冷ややかな目で見られるのではないか…
  • 日々会社の資金繰りと社員が起こすトラブル対応に忙しく、何のために経営をしているかがわからなくなる…

上記内容は、実際に当事務所の顧問先様からいただいた相談であり、これらのお困りごとの解消を経営者へのコーチングや、社員勉強会などのコンサルティングによりサポートしてきました。
それらのお困りごとを解消してきた当事務所のコンサルティングコンテンツは以下のようになっています。

「国家試験に受かっただけの社労士が本当にこんなことできるの?」という心配や「うちの社員達は一筋縄ではいかないよ」という疑問の声を頂くこともあります。

それについては、経営、財務、人事、採用の分野でクライアントに実績を残してきた一流のプロコンサルタントの方々にお金を払って習った内容を、当事務所内でスタッフを巻き込んで実践しトライ&エラーを繰り返しながら再現性が高まるようにノウハウを積み重ね、当事務所がサービスとして自信を持って提供できるまでにブラッシュアップしたものをお客様に提供しておりますのでご安心ください。